雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の申請代行なら雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金申請代行センター

  • TOP
  • 申請代行の流れ
  • 申請代行費用
  • 無料診断・相談
  • 運運営事務所

もらえる助成金額

TOP>もらえる助成金額

支給を受けることのできる額は、次のとおりです。

1.休業及び教育訓練の場合

休業手当又は賃金に相当する額として厚生労働大臣の定める方法により算定した額の5分の4(*大企業は3分の2)。ただし、1人1日当たり雇用保険基本手当日額の最高額が限度となります。

教育訓練を実施した場合は、訓練費として1人1日当たり、
事業所訓練の場合は6,000円(中小企業)、4,000円(大企業)を加算。
事業所訓練の場合は3,000円(中小企業)、2,000円(大企業)を加算。

●5分の4→10分の9へ上乗せするためには →→→こちらをclick  (3/30拡充)

●3分の2→ 4分の3へ上乗せするためには →→→こちらをclick

*休業の場合は、大・中小企業とも基本手当日額の最高額7,890円が上限となります。

*事業所外教育訓練の場合は、
  中小企業:6,000円が加算されるので13,890円が上限となります。
  大企業:4,000円が加算されるので11,890円が上限となります。

*事業所内教育訓練の場合は、
  中小企業:3,000円が加算されるので10,890円が上限となります。
  大企業:2,000円が加算されるので 9,890円が上限となります。

2.出向の場合

出向元事業主の負担額(※)5分の4の(*大企業は3分の2)。ただし、1人1日当たり、雇用保険基本手当日額の最高額に365分の330 を乗じて得た額が限度となります。

(※) 出向元事業主の負担額が、出向前の通常賃金の概ね2分の1を超えるときは当該額を超えない部分のみが助成対象となります。

3.支給限度日数

休業及び教育訓練を実施する場合、3年間で300日が限度となりますので、これを超える休業及び教育訓練については支給の対象となりません。

PAGETOP